So-net無料ブログ作成
検索選択
一級用教本 ブログトップ
前の10件 | -

こんなふうに漢字で書くんだ! [一級用教本]

と、思える本です。
読めない書けない漢字3000―他人に自慢したくなる

読めない書けない漢字3000―他人に自慢したくなる

  • 作者: 日本漢字王検定研究会
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本
初級、中級、上級とあります。気楽に眺めてますが、時々、難読漢字テストがあって、問題形式が難しく、訓練になることもあります。
 
関心空間のネタにならないかと拾い読みすることもあります。

以前、二級受験前に、中古で購入しました。 [一級用教本]

漢検 四字熟語辞典

漢検 四字熟語辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本漢字能力検定協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
一級の学習は、四字熟語以外もやるべき事が多く、以前のように、こまめにこの辞書を引かなくなってしまいました。今では、妻の方がよく使っています。しかし、意味とそのいわれが書かれています。使わないのは勿体ないと思います。

暇つぶしで入った本屋で買ってしまいました。 [一級用教本]

文部省認定 漢検に合格する四字熟語―スイスイ暗記級別構成辞典

文部省認定 漢検に合格する四字熟語―スイスイ暗記級別構成辞典

確かに、四字熟語は、まだまだ弱いので、本の題名と中を見て、衝動買いしてしまいました。一級以外に、五級からありますが、一級以外の級にも知らない四字熟語は、結構沢山あります。

「漢検」の書籍で、立ち読みして買ってしまいました。 [一級用教本]

漢検学べる変換ミス

漢検学べる変換ミス

  • 作者: 日本漢字能力検定協会
  • 出版社/メーカー: 日本漢字能力検定協会
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本

漢検の本の場所ではなく、一般書の中にありました。
変換ミスも面白いのですが、マメ知識や難読漢字問題もあり、思わず買ってしまいました。


本屋で立ち読みしました。 [一級用教本]

達人の日本語―心に染み込み人生に幸せのパワーをもたらす

達人の日本語―心に染み込み人生に幸せのパワーをもたらす

漢検一級レベルの熟語も、結構載っています。衝動買いしそうでしたが、そのあとすぐに、注文していた(やっぱり)漢字本の支払いをする予定だったので、その欲望を抑えました。
 
しかし、不思議な本です。余白が一杯あって、一頁に3,4種類くらいでしょうか、大きい字の熟語が、各々黒字とその下に赤字で繰り返し印刷してあって、更にその下に小さな字でその熟語の意味が書いてあるのです。そんな各頁の一番上には、「何度も音読して心に染みいるようにしましょう」?みたいなことが書いてあるのです。
 
何故に、黒と赤の印刷で同じ熟語を縦に並べて載せているのか?ざっと見たところ、説明もなく謎です。でも、やっぱり、手に入れたいようなそそられる本です。

漢字能力は、総じて女性の方が高いのかな? [一級用教本]

以前にも控えめに投稿しましたが、実はその中でも、これは独創的です。よくある表組みに漢字が埋めてあるだけの漢字本とは違い、著者がはっきりとしていて、面白く読めます。

特に、新聞よりも活きのいい漢字感覚を雑誌から具体例を紹介しています。取り分け女性誌は、豊かな漢字表現があることがこの本から感じました。

巻末に語句索引があるのも便利です。時間があれば、索引を眺めているだけで面白く、そこから興味あるものへ気楽に読んでいけます。


この本は、結構な難読度かもしれません。 [一級用教本]

超読めない漢字―漢字力アップ

超読めない漢字―漢字力アップ

この画像では、帯は付いていませんが、帯に試し読みの例題があって、漢字検定一級レベルだったので、一級用のテキストとして相応しいのではと、思わず買ってしまいました。
 
例によって、よくある表組み形式ではあるのですが、独特なのは、答えの位置が、各マスの位置のちょうど裏側に答えが載っているのです。多くの頁は、一頁に二十五マスの問題がありますが、わたしは、一つの頁で、その時一つ決めた位置のマスの問題一つだけをといて、次々と頁を捲って答えを確かめるようにしています。それが、私が漢字学習によく用いている単語カードの捲りに通じている感じがして、漢字学習がやりやすくて、使い勝手がいいので気に入ってます。
 
しかし、時々一級にも無い、漢検漢字辞典にも載っていない漢字もあります。

熟字訓・当て字の読みは、読みにくいので [一級用教本]

こんな本も読んでみたくなりました。由来の出典が、丁寧に記述されていて、とても、学術的です。内容が濃く、その割に値段は安くてお買い得と思います。

難読語の由来

難読語の由来


ちょっと、ゆっくり漢字や熟語を確かめたい時には [一級用教本]

これは、買ってしまいました。まだ読み始めですが、面白いです。

 

通常の漢字文庫本に飽きたときには、この方の著作に自然と向かってしまいます。ただ、読めて、熟語の意味が分かればいいという本とは違い、熟語の本来の意味を確かめられたり、字源や語源について言及している場合もあって、通常の学習に疲れたとき、気楽に読んでみると、なるほどと思えるときがあります。


読めるようで読めない漢字 [一級用教本]

きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない超難読漢字2000

きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない超難読漢字2000

きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない漢字2500

きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない漢字2500

  • 作者: 一校舎漢字研究会
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫
まだまだ、似たような文庫本有りました。

前の10件 | - 一級用教本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。