So-net無料ブログ作成
検索選択
四字熟語 ブログトップ

使いやすい漢字文庫本 [四字熟語]

読めたらすごい漢字1000

読めたらすごい漢字1000

一般的な漢字文庫本は、一頁に表組みになって20語くらいの熟語があり、捲った次の頁に答えがあるのが多いのですが、この漢字文庫本は、表組みにはなっておらず、見開き二頁に10語くらいの語と、頁を捲らずに、語のすぐ下に読み方と比較的詳しい解説があるので、たいへん見やすく気にいってます。


平成17年度第三回漢検準一級四字熟語問題答え合わせ [四字熟語]

準一級配当漢字の四字熟語は、スムーズに書けました。しかし、次の

5.(治乱)興亡 10.鼓腹(撃壌

は、答えがすぐわからず空欄のまま。それに伴って、四字熟語の意味問題最後の15もはっきりせず、答えは分かりませんでした。そして、そのまま、次の問題に移りました。

そして、全問題一通り終わった後、再度戻って考え、5.は、易しい字で考えれば分かるであろうと確信し、考えると「治乱」しか思い浮かばず、何とか正解しました。

問題10は、二級の時にやったと言うことは、記憶にありましたが、それ以来見ていなかったので、記憶再生することが出来ませんでした。意味については、問題15.を読んでいて、凡そは思い出せましたが、熟語は書けませんでした。これは、時間いっぱいまで考えていたのですが、思い出せず、できなくて悔しい問題の一つでした。


四字熟語、分かったと思っても、慌てずに! [四字熟語]

眉目(   )といったら、→秀麗、清秀
因循(   )       →姑息、苟且(こうしょ)
孟母(   )       →断機、三遷
三者(   )       →鼎談、鼎立
後生(   )
       →こうせい可畏、ごしょう大事、菩提
廓然(   )     
→かくぜん大公、かくねん無聖、大悟

(   )菩提   →後生、煩悩、上求
(   )万里   →波濤、鵬程、平沙
(   )三昧   →風流、放蕩、念仏、法華
(   )鳳雛   →臥竜、伏竜、麟子、竜駒(りょうく)
(   )積玉   →堆金、玄圃
(   )空拳   →徒手、赤手
(   )瓦解   →土崩、氷消
(   )佳肴   →美酒、珍味
(   )撞着   →自家、矛盾
(   )李四   →張三、桃三


明けましておめでとう御座います。四字熟語の椀飯振舞です。 [四字熟語]

四字熟語のしりとり

冷土荒金積砕瓦豹一斑

多岐亡羊補牢

水天一碧万頃

六道輪廻転生   


教本「学習シート」の四字熟語シートが、やっと一回済みました。 [四字熟語]

久しぶりの四字熟語の投稿です。流石にこの学習は、忍耐が要ります。教本「学習シート」の四字熟語シートには、私がざっと数えたところ、264の四字熟語が並んでしました。一回やるまでに、大変な時間を要してしまいました。

私はこれも、文字だけを書いた単語カードでひたすら、繰り返しやるのが原則ですが、意味を問う設問もありますので、やっぱり、意味を一度は調べておいたほうがいいと思います。特に、

飛兎竜文(ひとりゅうぶん)
迦陵頻伽(かりょうびんか)

などの名前や地名などの固有名詞などは、そのまま憶えなくてはなりませんが、

四(ちょうさんりし)
(ちょうしんぼそ)
伯牙絶弦(はくがぜつげん)
彦倫鶴怨(げんりんかくえん)
孟母三遷(もうぼさんせん)
孟母断機(もうぼだんき)
終南捷径(しゅうなんしょうけい)
洛陽紙価(らくようしか)
藪井竹庵(やぶいちくあん)これは四字熟語?

など、その人や土地でのエピソードなどを一度知っていおくだけで記憶に残りやすいので、何も知らないのとは差がでますから、こういう類のものは、やっておいた方が得だと思います。

固有名詞に色を付けました。しかし、確かめたわけではありませんが、固有名詞はそれほど出題されないのかもしれません。


四字熟語で表す伝統的作業療法 [四字熟語]

二級を勉強していた頃は、自分の~武炉具版~に、こんなカテゴリーを作って、四字熟語の勉強をしていました。

準一級には、あまり役立たないかもしれません。どうも、四字熟語は苦手です。覚える端からどんどんと忘れていってしまいます。やっぱり、使わないと忘れてしまいます。というか、歳のせいかもしれません。

試験までは、忘れないように、記憶再生できるように、時間を掛け、繰り返しやらなければいけません。


今日は、四字熟語(各半分)の書き取りに集中しました。 [四字熟語]

今日は、「準一級完全征服」の四字熟語の解答部分のみを全部書き取りました。漢字練習帳に、240字でした。その他、意味の問題も解きました。家族全員でやる三十分では、勿論できず、その後も続けてやりました。間違いも結構ありましたが、とりあえず後は、この教本での四字熟語は、間違えたものだけやっておけば、終わりでいいやと思えました。でも、単語カードでの復習は、続けないといけません。

今のところ、対義語・類義語、読みと書き取り、四字熟語などやりましたが、今後は、まだやっていない書き換え、故事成語・諺などをやって、「完全征服」をやり潰したいと思います。

そうしたら、別の教本か、問題集をやろうと思っています。特に、四字熟語は、これだけでは、足らないような気がしています。


準一級の四字熟語は、もっと沢山覚えなくてはいけなさそうです。 [四字熟語]

漢検 四字熟語辞典

漢検 四字熟語辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本漢字能力検定協会
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

これも、単語カードで学習しているのですが、カード枚数はきちんと数えていませんが、カード帳ひと束が他のカード束の半分くらいと、薄いことや、カード一枚に一つの四字熟語を書いているだけだったりして、これだけではちょっと足りないのでは、どうなんだろうか?と思って、漢検協会で出している四字熟語辞典を見てみました。

すると四字熟語の一つ一つに配当の級がちゃんと載っているのです。で、準一級のを見たのですが、見たこともない四字熟語が沢山あったりして、ちょっと焦り気味です。四字熟語は、もっと覚えなければならない感じです。


四字熟語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。